カテゴリー別アーカイブ: 未分類

アルファードHVの走行性能、まるで動くスウィートルーム

アルファードHVは、アルファード自体のデビューが2002年となっており、その翌年の2003年から販売が開始されました。

当時、ハイブリッド車と言えばプリウスのみとなっており、一体何が特徴なのかと言われると、その圧倒的な燃費の良さでした。時代は不況の真っただ中で、おそらく世間全体の雰囲気で言えば、2016年現在よりも重かったような記憶が残る方も、おられるのではないかと思います。

そんな中ですでに販売が開始されていた初代プリウスは、燃費がなんと28km/L。今でこそ軽自動車ではそれ以上の燃費となっているクルマもありますが、当時はまさに「衝撃」という言葉がぴったりの数字だったのです。そういった時代背景やクルマの歴史と言う流れの中で、ハイブリッド車というのは「燃費が良い」というイメージが強く打ち出され、走行性能についてはあまり着目されませんでした。

アルファードHVに関しても同じで、2003年にデビューした初代のアルファードHVは、とにかくその燃費の良さが前面に打ち出され、大型ミニバンなのに燃費が良く、ディーゼルエンジンなどの省燃費型のクルマを求める人向けへの販売という側面が強く目立っていました。

しかし徐々に、ハイブリッド車の走行性能についても注目されるようになっていったのです。具体的に、ハイブリッド車の走行性能の何について注目されるようになったのかと言うと、それこそが「静粛性」です。

走行性能は基本的に「加速」「停止」「曲がる」という3つがスムーズに行われるかどうかが問われます。

れらは単純に、「良く加速する」「しっかりと停まる」「スムーズに曲がる」といった車自体の動きに関する事だけではなく、「揺れない」「うるさくない」といった乗り心地によっても判断されますが、ハイブリッド車はとにかく静粛性に優れており、たとえばモーターのみで走っている状態だと「地面とタイヤの接する音だけしか聞こえない」といったような状態となります。

アルファードHVのコンセプトは、現行モデルになって完全に「高級であること」を打ち出すようになりましたが、「静粛性」はまさにそんな高級車にとって必須の条件です。

もともとは燃費が良く、家計に優しいことをアピールしてきたハイブリッドシステムですが、それは同時に高級車として求められる静粛性を満たすシステムとしても注目されるようになっていったという訳ですね。

アルファードHVに関して言えば、シートのこだわりや広い室内空間という部分とあいまって、まさに「走るスウィートルーム」とも言うべき走行性能を手にするに至っています。

静粛性という価値は、日本発?

日本を代表する高級車として、レクサスという車があげられます。このレクサスが海外で支持されはじめるキッカケとなった要素が、この「静粛性」だと言われています。

たとえばiPhoneなどで有名なApple社の創業者スティーブジョブズは、日本の「禅」を熱心に勉強されていたそうですが、日本というのはそういった「静けさ」や「落ち着き」に対する価値観が大きいとも言われています。実際にアメリカの車や欧州の車というのは、加速やデザインについて重点が置かれており、静粛性についてはさほど重視されていなかった面もあったのかもしれません。

そんな中でレクサスの持つ驚異的な静粛性が評価されたということなのですが、アルファードHVは大型ミニバンとしては最高峰の静粛性を誇ります。この価値観というのは日本ならでは、日本発とも言えるのかもしれません。

アルファードHVの走行性能、4輪駆動のモーター

アルファードHVの走行性能をチェックする上で気になるのが、電気式四輪駆動です。これはモーターが前後のタイヤで独立しており、たとえば大きな加速力が欲しい場合や、雪道などの路面状況によって、前後それぞれ独立して駆動させた方が良くなった際に、自動的に切り替わるシステムとなっています。

路面の状況が悪くても、操縦安定性を確保するシステムとして、エスティマやアルファードHVといった大型ミニバンに搭載されているシステムですね。

具体的なスペック、データはどうなっている?

具体的なスペックとしては、エンジン部分については排気量が2.5L、最高出力112kW(152PS)/6,000rpmとなっており、最大トルクは206Nm(21.0kgfm)/4,400rpm4,800rpmとなっています。

ただこれはあくまでエンジンのみのデータとなっており、モーターとの組み合わせで生まれる最高出力は197馬力となっています。これはさすがに3.5Lエンジンの280馬力には及びませんが、2.5Lエンジンのみの182馬力を上回る数字となっており、十分な走行性能を感じる事ができる数字ではないかと思います。

アルファードHVの走行性能は、一つのことだけを目指している

アルファードHVの走行性能については、公式サイトをチェックするとすぐにわかるように、様々な特徴がいろいろ掲載されています。

それこそ一般的な走行性能としての部分や、安全性、サポートシステムにいたるまで、実に様々です。しかし実はアルファードHVの走行性能はたった一つのことを目指しています。

それは「高級車としての走り」です。スムーズな加速と静粛性、静かで揺れない、そんな誰もが持つ高級車の走りのイメージに応えること。それがアルファードHVの目指している走行性能と言えるでしょう。

まとめ

アルファードHVの走行性能についてチェックしてきましたが、いかがでしたでしょうか?やはり走行性能は、特にクルマに詳しい方であればデータだけ見ても分からない微妙な部分は、実際に乗らないと分からないとお感じになられると思います。

アルファードHVの走行性能が気になる方は、ぜひお店を訪れて、試乗されてみてはいかがでしょうか。

出典:【ミニバンらいだー】ミニバン総合情報サイト

アルファードHVのエクステリア、大型ミニバン最高峰をチェックしよう

アルファードHVのエクステリアについて、まずはその歴史の流れからチェックしてみたいと思います。

そもそもアルファードというのがなぜ生まれたのか?それは現在の2016年からさかのぼること10年以上前、日産がエルグランドを発表した頃に始まります。それまでミニバンというジャンルにはあまり「高級車」と呼ばれるタイプが存在していませんでした。トヨタもミニバンを持っていなかったわけではありません。

たとえばハイエースをはじめとして、タウンエースやライトエースといったシリーズはありました。それは基本的に商用車というイメージが強いとは思いますが、タウンエースノアを発表して、乗用車として使えるミニバンを発表したりと、ラインナップが無かったわけではないのです。

しかし日産がエルグランドを発表してからミニバンという分野は大きく変化しました。エルグランドの持つ圧倒的な室内空間の広さ、大きな排気量による静粛性と走行性能によって生まれる快適な乗り心地。

これらは当時のミニバンにはあまりなかったもので、エルグランドはその名前を一気に世に知られるようになっていったのです。

対するトヨタは、当初はハイエースシリーズで対抗していましたが、当時のデータによれば、「ハイエースシリーズをかき集めた売上よりも、エルグランド一車種の売上のほうが高い」という結果だったのだそうで、ついに本気になって対抗しようとして生まれたのがアルファードです。

アルファードのデビューは2002年。2代目エルグランド発表の翌日に発表をするなど、完全にライバルとして意識をして登場したのです。そのためアルファードは、デビュー当初からハイブリッドタイプが投入され、アルファードHVというのはすでに10年以上も歴史を重ねているのです。

そういった経緯がありますので、特にハイブリッド車であるアルファードHVのエクステリアというのは「最高峰であること」が求められてきました。そして2015年にデビューした3代目アルファードでは、HYBRID Executive Loungeという最高峰の中の最高峰というグレードまでが登場するに至ったのです。

今回はそんなアルファードHVのエクステリアの中でも、最も高いグレードに位置する「HYBRID Executive Lounge」のエクステリアについて、ご紹介をしてみたいと思います。

 アルファードHVのエクステリア、現行モデルで大きく進化した

アルファードHVのエクステリアは、2002年のデビュー当初から「高級車」を意識したデザインとなっており、当時のミニバンとして2001年にデビューしていたヴォクシーやノアと比べると、非常に洗練された、ミニバンとは思えないようなシャープで美しいフォルムとなってなっていました。

それが2代目のアルファードになって更に精悍さを増したエクステリアへと進化しています。特に2代目のアルファードHVについては「高級車」として認知が広まっていったモデルでもありますので、街中でよく見かけたことがあるという方も多いのではないかと思います。

ある意味、アルファードHVのエクステリアは2代目でもう完成してしまったかのようなイメージもありました。それが3代目になって、まさかと驚くほどの大きな変化をしています。まず特徴的なのはフロントグリルですね。

3代目のアルファードHVは、もう「ミニバン」としてではなく、最初から「高級車」として開発されたということで、このような完全に「高級車であることを魅せる顔つき」へと進化しています。

先述の通り2代目アルファードHVで、アルファードが高級車であることを広くアピールした結果の進化と言えるでしょう。こういった見せ方、進化のさせ方というのは、さすがトヨタという印象も受けますね。

 アルファードHVのエクステリア、そのフォルムをチェック

アルファードHVのエクステリアについてチェックしていると、グレードによってフロントナンバープレト周囲のフォルムがやや違う事に気が付きます。

「HYBRID Executive Lounge」について見てみると、フロントのナンバープレート両脇のフォルムが、まるでレクサスを思わせるようなX型になっていますね。これも3代目アルファードHVが高級車であることを強く意識している結果かもしれません。

またサイドガラスについても、非常に独特でシャープな形をしています。この傾向は初代のアルファードHVから受け継がれているものですが、よりハッキリと目立つ形となっていますね。

そのサイドガラス周辺からリア部分へかけての流線的なフォルムも非常に美しく仕上がっており、「まるで箱が走っているようだ」と言われていたミニバンが、ここまで美しくスタイリッシュに進化するのかと驚かされます。

アルファードHVのエクステリア、カラーリングもチェック

アルファードHVのエクステリアについて、カラーリングもチェックしたいと思いますが、基本的にはガソリン車と同じカラーバリエーションとなっています。

3代目アルファードHVは最初から高級車としてデザインされたというだけあって、選べるカラーすべてが落ち着いたものとなっています

アルファードHVのカラーバリエーションは、全7種類

■ホワイトパールクリスタルシャイン

■ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

■シルバーメタリック

■グレーメタリック

■ブラック

■スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

■グレイッシュブルーマイカメタリック

アルファードHVのエクステリア、ライバルとの勝負の行方

アルファードHVのエクステリアを見ていて気になるのは、ライバルである日産エルグランドとの勝負の行方です。

新型のエルグランドは、やや高さが低い印象のエクステリアとなっていて、どちらかというとエスティマといったような「スタイリッシュさ」で勝負するような形になっているようにも見受けられます。アルファードHVのような大型ミニバンというのは、その迫力や威厳というのが一つのポイントになると感じますが、日産も決して甘い会社ではありません。

これからの時代を見越してのアイデアかもしれませんよね。エルグランドの現行モデルのエクステリアを見る限り、迫力や威厳と言った部分での勝負とは、少し状況が変わってきているのかなとも感じます。今後も、アルファードHVとエルグランドの勝負というのは目が離せそうにありませんね。

まとめ

アルファードHVのエクステリアをご紹介してきましたが、いかがでしょうか?3代目になって、完全に「高級車」であることを前面に出してきたアルファードHV。

ウェブサイトやカタログで見るのと、実物を見るのとでは、その迫力に大きな違いがあるのではないかと思います。

アルファードHVのエクステリアが気になる方は、ぜひお店に足を運んで、実際にご覧になってみていただければと思います。

アルファードHVのインテリア、極める「静粛性」をご紹介

アルファードHVのインテリアほど、分かりやすいコンセプトというのは他に無いかもしれません。

というのはどういう事なのかと言うと、クルマにはどんな車種であれ、何かしらの「コンセプト」と言うのが存在します。これは車に限らず、モノづくり全般に言えることかもしれません。何らかのテーマ、コンセプトという軸があって、それにそってモノを作っていく訳ですね。

クルマもその例外ではありません。たとえばアルファードHVと同じトヨタのミニバンで言えばヴォクシー、これは非常にわかりやすいコンセプト持っています。テレビCMでもお馴染みの「カッコイイ父親」がそうですね。

あるいは大きくモデルチェンジされたシエンタ。これはエクステリアデザインのコンセプトが「トレッキングシューズ」となっていて、家族みんなで楽しく出かけられるクルマというのがコンセプトです。

そもそもシエンタという名前には、スペイン語で「7」を意味する言葉が含まれています。このようにコンセプトというのは、そのクルマの価値を決めるための重要な要素となっているのですね。

ではアルファードHVのコンセプトとは一体、何なのか?それは、一流ホテル並みの「静粛性」です。同じアルファードであっても、ガソリン車とハイブリッド車では、その静粛性というのに違いが出てきます。

たとえば発進時にモーターだけで動き出すハイブリッド車の静かさというのは、一瞬、クルマが本当に動いているのかどうかに不安を覚えるほどのレベルです。今回はそんなアルファードHVのインテリアについて、ご紹介をしてみたいと思います。

 アルファードHVのインテリア、コンセプトをチェックしよう

アルファードHVのインテリアのコンセプトは、先述の通り静粛性です。あえてそれを「一流ホテル並みの」と付け加えたのには、理由があります。実は一流ホテルの中でも、特にスウィートルームといったクラスになると、部屋全体が防音室となっているのです。

外からの音を完全にシャットアウトし、静かでゆったりとくつろげる空間となっています。また静粛性というのは、単に静かなだけではなく、外を音をシャットアウトして、ゆったりと寛げる空間であることが条件ですので、あまり激しく揺れるようでは、快適とは言えません。

一流ホテルの部屋が、何もないのに揺れ出すとすれば、それは地震が起こった時くらいではないかと思いますが、クルマの場合は移動をしますので、振動に対する対策も必要となってきますね。それら全てを含めた「静粛性」というのが一流ホテル並みで、くつろげる空間である事。これがアルファードHVのコンセプトです。

そのためアルファードHVは、公式のウェブサイトでも大きく強調されているように、シートについても徹底的なこだわりを貫いています。

シートそのものの座り心地はもちろん、オットマンの装備や、スーパーロングスライドによるリラクゼーション空間の充実差は、特に有名ですね。ハイブリッド車の場合は、ガソリン車に比べて振動や静粛性で上回る分、より快適な空間となっています。

 ハイブリッドは静かすぎるのが、逆に危険?

ハイブリッド車の静かさ言うのは、今でこそ当たり前となりつつありますが、世の中に出始めた頃には、大変な衝撃がありました。たとえばモーターのみで走行中は「タイヤと地面が触れる音が聞こえる」と驚いた方もおられます。

普通はエンジンの音が大きく、タイヤと地面が触れる音というのはほとんど聞こえませんが、ハイブリッド車がモーターのみで走っている時は、逆にその音しか聞こえず、違和感を覚える訳です。また、歩行者にとってはむしろ危険な面もありました。

なぜなら、車が接近している事に気付かないからです。これについては現在、車側が警告音を発するといった対策が取られていますが、ふと何かが近づいてきている予感がして、目の前にアルファードHVが迫っていたら、その驚きとショックは相当なものがあると思います。

ハイブリッドの静粛性は、乗っている人も歩いている人も、十分に気を付けなくてはいけないほどの静かさがあるのです。

アルファードHVのインテリア、インパネ周りも確認

アルファードHVのインテリアについて、インパネ周りもチェックしておきたいと思います。

この部分はガソリン車とも共通していますので、ハイブリッドならではという訳ではありませんが、やはり高級車ということを前面に出している現行モデルのインパネ周りは、「オーソドックススタイルを磨き上げたカタチ」となっています。

インパネ周りは、大まかにいうと「近未来的でスタイリッシュ」というスタイルとか、「洗練されたオーソドックス」というスタイルかに分かれます。アルファードHVの場合は後者という形となっていますね。

 アルファードHVのインテリア、細かい装備はほぼ同じ?

アルファードHVのその他のインテリアについて、たとえばカップホルダーやポケット系など様々な装備がありますが、その全てがワンランク上の仕様となってます。

特にExecutive Loungeグレードになると圧巻です。新幹線でいえばグリーン車、飛行機ではファーストクラスというレベルの仕様になっていると言っても過言ではないでしょう。

まとめ

アルファードHVのインテリアについてご紹介をしてきましたが、いかがでしょうか?その圧倒的なインテリアの美しさ、静粛性、機能の充実っぷりには、衝撃にも似た感覚を覚えます。

もちろんアルファードHVは高級車です。当たり前と言えば当たり前の仕様なのかもしれませんが、実際に目で見て、手で触れた時の驚きは、なかなか表現できる言葉が見当たらないほどです。

アルファードHVのインテリアが気になる方は、ぜひ実際にお店に足を運んで、ご覧になってみていただければと思います。